FC2ブログ

第一回ひまわりシティー総選挙結果発表

1位 たらこ 6票
2位 チャッピー 2票
3位 トオル 1票
   サブロー 1票
   神様 1票
   殺し屋デス 1票

以上が結果です。
投票して頂きました皆様に感謝感激です。
まさか私、たらこが1位だったとは(笑)

そして今更ですがカテゴリーに目次を追加しました。
それと漫画の方も2話連続で更新しましたので是非よろしくです。


ダメなおっさんランキング

今回はダメなおっさんランキングです!
こちらはたらこ個人の見解でランキングをつけてます(^O^)


ヨウイチ
5位:馬狩洋一
〈危険度〉0
トオルのパパで、手腕刑事。
異性に免疫がないのとスケベが災いしていつもシリアスな場面で決まらない!
チャッピーになってもその特徴は変わっていない(笑)
それを除けば優しい良い男でもあるよ~(*゚▽゚*)


ダメダメさん
3位:ダメダメさん
〈危険度〉☆☆
子供番組「つくってこわそ」に出演。
たばこ好き、お酒好き、女好き、ギャンブル好きと名前の通りのダメっぷり。
仕事もい加減。
あまり関わりをもたなければ危険な人ではない。


ゲンゾウ
2位:ゲンゾウ
〈危険度〉☆☆☆☆
爽やか好青年のカメラマン。
言葉巧みにあなたの事を芸能界にスカウトしてきます。
使えなくなると薬づけにされ売られます!
しかし、あなたの心がピュアであれば彼も改心し助けてくれます。
元々は悪人ではありません。


美月
1位:美月
〈危険度〉☆☆☆☆☆
世界征服を企むちょっと痛いおっさん。
この甘いルックスに騙されてはいけません、あなたは利用されるだけ利用されて殺されます!


【補足】
他にもあげれば不倫をしている歌のお兄さんとかたくさんいるのですが三人までにしておきましょう。
何故、たらこが入っていないのかと言いますとたらこはイケてるおっさんだからです(。・ ω<)ゞてへぺろ♡
また色々と遊びもやっていこうと思います。
もちろん、リクエストがあれば教えてくださいね~!


「ジロー君の奮闘記」もうひとつのエンディング

ジロー君の奮闘記」35話から

そして現在・・・
一人、病院のお庭に佇むジロー君。
木を見つめながアイミちゃんとの思い出に浸る。

アイミ「あれ?ジロー君?」
ジロー「えっ!?もしかしてアイミちゃん!!」
アイミ「そうだよ♪ビックリさせちゃったかな?退院したあとね、不思議と病気が治ったの♡」

ぽか~んとするジロー君。

アイミ「ジロー君、しばらく見ないうちに男らしくなったね。」
ジロー「そっ、そうかな~。」
アイミ「私、これからデートなんだ♪今度会ったらエッチしようね♡」
アイミ「それじゃあね、ジロー君♡」
※ここまでの流れでアイミちゃんは涙なく軽いノリでこれらの言動に至ります。

ぽか~んとするジロー君。

しばらくしてジロー君が叫びます。
ジロー「ちょっと神様ー、出て来て下さいよー!!」

雷とともにキャバ譲じゃなく本来の姿であらわれる神様。

神様「じゃじゃ~ん、どうしたのジロー君?」
ジロー「これって神様の仕業ですね?」
神様「だってあの時ジローちゃん、私にお願いしたじゃん。」
ジロー「いくら神様だからといって人の運命を簡単に変えてもいいんですかっ!!」

神様に説教をするジロー君。

神様「ジローちゃんのいじわる♡」

神様がぶりっ子ぎみで嘘泣きしながらジロー君を胸の谷間でぱふぱふします。
ジロー「ぶふっ!!♡」

最後はアイミちゃんの笑顔をバックにジロー君の心の一言。
「本当に生きててよかった・・・神様ありがとう・・・」
ジロー君の奮闘記」完

【解説】
本来はこっちのエンディングだったんです。
(今後、投稿したエンディングが前者で本来のエンディングを後者とします。)

大きな違い。
前者、トオルがいるに対し後者、トオルがいない。
前者、アイミちゃんが嘘をついているに対し後者、全て本当でそれでこそビッチになっている(笑)
前者、神様が出てこないに対し後者、神様が出てくる。

とくに前者のアイミちゃんはトオルの存在に気づき身を引くため嘘をつき涙するのですね。
ジロー君との決別するため彼氏もデートもないのに嘘をつきアイミちゃんなりのあてつけをします。
二度と会うことがない前提の行動をとります。
おそらくトオルがいなければよりを戻してたと思うたぶん。
後者だと軽いノリでそれでこそビッチになってます。(*゚▽゚*)
この後、本当にデートもあってジロー君とも次あったら本気でエッチする気まんまんです(笑)
それだけ元気になったと伝えたかったわけですね。

病気の治った理由については前者だとおそらく神様が治してくれたのだろうなという感じで終わりですが後者だと神様の仕業だとはっきりわかります。

前者は切ない終わり方で病気の治ったことが少し説明不足かなと。
後者は明るいし病気の治った理由もはっきりとわかります。
ただし、酔っ払ったたらこは後者はアイミちゃんらしくない終わり方だと思って前者に踏み切ったわけですね。
前者の方がアイミちゃんに共感がわくような感じがしませんか?
どちらが好きかは人によりけりですが皆さんはどちらがお好きでしょうかね?

こういった感じでキャラクターたちを愛するがゆえに路線変更が多々あるんですよ。
「トオルアイドル時代」でもトオルとゲンゾウさんの営みシーンをかこうとしてましたが幼稚な絵でそんなことかいてもな~ってこともありますが彼女たちのイメージを壊さないためにもやめました。
営みが悪いわけでもないのですけどね~むしろ好きだし~(笑)

長々と語りましたがたらこの制作秘話でした~。
すごく真面目にかいてますが基本的にてきとうな正確なので軽いノリで取り組んでかいてますよ。
それではここまでのお付き合いありがとうございました(=^0^=)


悲しいお別れランキング

以下、ネタバレ含みます。

続きを読む



ひまわりシティー観光案内

今回は、皆さんにひまわりシティーをよく知って頂きたいので観光案内をしていきます。
ひまわりシティーには東区、西区、港区、北区、中央区と5つの区に分かれています。
区によってそれぞれ特徴があります。
それではさっそくご案内して行きましょう!
ひまわりシティーマップ

続きを読む



トオルッチ恋愛相関図

相関図
クリックで拡大

【説明】
またまたたらこのお遊びに付き合ってやって下さい。
ひまわりシティーが最終章に入るにあたって勿論、最後はトオルッチの運命の人も決まります。
そこで皆様に最後は誰と結ばれるか予想をして頂きたいと思います。
この中に犯人はいます(^O^)
それとはじめから犯人を決めていますので人気によって変更、当てられたからと言って変更したりは致しません(*゚▽゚*)
ファンレターで犯人、トリックと当てられたから変更するといった赤川次郎先生のような事は致しません(笑)
よろしければこちらも参考にして下さい。
参考になるかな~。
#071 ドキドキシチュエーション
締切は2016年12月31日までに致します。
勿論、正解された方はお金と手間のかからない(笑)豪華賞品を押し付けプレゼント致します。

【補足】
今までの流れ消去方で考えて頂けたらおのずと正解にたどり着けるかと思います。
この中でもいなくなった人、既婚者を除いていって下さい。
ただわかりにくいのはまだ登場していない三代目ですよね~。
この辺りは感です、感!!
改めて見ますとトオルッチって恋多き乙女ですね。
それにこんなにモテていたとは・・・
やはりジロー君と一緒の主人公補正でしょうか。

【皆さんの予想】
味噌しる君→ジロー君
canariaさん→ジロー君
荒ぶるプリンさん→ジロー君
ダメ子さん→サブローちゃん
ponchさん→コメダ君
rainbowcube0503さん→三代目
氷柱さん→ジロー君
八少女 夕さん→三代目


いい女ランキング

久々にたらこの独断ランキングです。
というのもしばらく「ひまわりシティー」が描けそうにないので復習も兼ねてこちらを楽しんで下さいませ。
いい女の条件、それは美人であるも一つですがやはり悲壮感、これは欠かせないのではないでしょうか。
それではどうぞ。

マチャミ
5位:マチャミ
〈悲壮感〉✩✩
ひまわりシティー史上、最初の犠牲者Σ(゚д゚lll)
芸能プロダクションビックアイの社員でゲンゾウの先輩。
ゲンゾウのお姉さん的な存在でもあり恋人でもあった。
ビックアイ社長(メタル仮面)が売れなくなったアイドルの売春をしていたのでその悪事を警察に告発しようとしていたがそこをデスに始末されてしまう。
美しく正義感の強い女性でした。


シェリー
4位:シェリー
〈悲壮感〉✩✩✩
猫魔島に流れ着いた日本軍兵士の好青年を助ける。
次第にその記憶をなくした好青年と恋仲に落ちるが実はその青年、悪魔そのものの痛い男だった。
後のヒトツメ団、初代総統である。
好いた男の人のためなら嘘とわかりつつも尽くしてしまうタイプ。
最後は魔王美月に殺されてしまう可哀想な女性。
今後の展開に注目。
たらこは死んだはずの彼女にもハッピーなエンディングを用意しているので楽しみにしていて下さい。


ハルカ
3位:ハルカ
〈悲壮感〉✩✩✩
トオルの母。
昔、夫のヨウイチとは名コンビ刑事だった。
とある事件を追っかけてる半ばデスとの交戦に入り夫のヨウイチをデスに殺されてしまう。
デスの肩の傷はそのとき彼女がつけたもの。
今では刑事を引退しトオルを一人で育てている頑張り屋のお母さん。
今後の展開に注目。
彼女、何となくですがチャッピーの正体に気づいてます。


トオル
2位:トオル
〈悲壮感〉✩✩✩✩
いつもはオヤジギャグが好きなぼ~っとした女の子。
ルックスは特別、美人ではないが一般にいる健康的な女の子のイメージです。
大の父ちゃんっ子。
幼い頃、その父をデスに殺されてしまう。
アイドル時代では恋仲になったマネージャーのゲンゾウをデスに殺されてしまう。
大切な人をデスに殺されるたびに強くなったヒロイン。
早くに父を亡くしたためか歳上の男性に惚れやすいです。
今後の注目。
デスとの因縁にどう決着をつけるか見守ってあげてね。


先生
1位:先生
〈悲壮感〉✩✩✩✩✩
トオルたちの高校時代の恩師。
とくにマユミは彼女の事を尊敬している。
先生は高校生の時、育ての親だったお姉さんをヒトツメ団の陰謀とデスの個人的な理由により殺されてしまう。
復讐するためにヒトツメ団に入ったもののそこで拾ってもらった将軍(上司)に恩義を感じ次第に愛してしまう。
上司の忠義のため色々と手を汚してしまい闇落ちした不遇な女性。
今までデスが行ってきた殺人は彼女が指示したもの。
最後の彼女の結末も注目してみて下さい。

とりあえずこんな感じです。
どちらかというとほとんどデスの被害者の会・・・(´Д`;)
まぁ~、僕にとってひまわりシティーの女性キャラはみんないい女なのですが今後の展開も兼ねてこのような結果にしました。
次回、予定していますのは「ちょい悪オヤジランキング」。
その次は「残念男子ランキング」です。
今回は重いランキングですが次回からは軽いランキングです。
残念男子ランキングなんて1位はほぼ当てられると思います(笑)
やつしかいないでしょう(笑)
えっ!?アンちゃんではないよ~( ^艸^)

一応、前回の「ダメなおっさんランキング」です。
ダメなおっさんランキング



ちょいワル親父ランキング

今回はちょいワル親父ランキングです。
もちろん、たらこの独断ランキングです。
ここでのちょいワル親父とは世間で言うちょいワル親父と違うかもしれません。
たらこの見解なのでかっこいいという意味も入っていますし本当に悪いやつも入ってます。

室長メデューサ
5位:室長メデューサ
〈ちょいワル度〉✩✩
ヒトツメ団の中間管理職の人。
部下の面倒見もいいのに何故か部下に恵まれていない人。
主にヒトツメ団の土地転がしを担当。
戦闘能力も高く最終奥義の「おいちゃんがヘビ見せたろかーっ!!」は一撃必殺もの。
でも一日、2回しかうてない。
正体はスーツをビシッと決めたおじさんサラリーマンらしい。


茶々じい
4位:茶々じい
〈ちょいワル度〉✩✩✩
純喫茶「茶々」のマスター。
優しくおしとやかな見た目のおじいさん。
自家製のストロベリーパイが自慢らしい。
お客さんの人生相談をよく聞いていてヨウイチの恋のキューピットになってもくれたり面倒見はいい。
でもスケベなところもあって振られた相手に対して360円のコーヒーを3万6千円と言ったり大人げないこともする。
それと女性からのお誘いは絶対断らない(笑)
マスターの謎は年齢不詳でみんなが子供の頃からずっとおじいさんだったらしい・・・


将軍
3位:将軍
〈ちょいワル度〉✩✩✩✩
ヒトツメ団の四天王の一人で主に軍事担当。
老人ばかりの四天王の中でも一番若手なのだが一番早くに引退している。
原因は病気のようだ。
自分よりも才能ある息子(Ⅱ世)もいるので早くに交代したらしい。
白いバラをこよなく愛している紳士でもあるが残酷な面も持っている。
自分に好意を寄せている女性を自分の野望のためなら利用もする。
ただし、今流行りの一線を超えたり愛人にもちかけたり不倫したりとそういう事は一切しないところは紳士に値するだろう。


後藤太陽
3位:後藤太陽
〈ちょいワル度〉✩✩✩✩
ヒトツメ団の二代目総統。
めっちゃ男前です(笑)
悪の帝王のわりには友情に熱かったり悪いことは一切しないと一番ヒトツメ団らしくない人。
表の顔は「ひまわりシティー」の区長。
市長選挙に出て「ひまわりシティー」をよくしたいという願望がある。
悪いことしない彼に不満を持つ部下たちに裏切られてしまうが彼を支持する部下もたくさんいる。
ゲンゾウをはじめほうき君とかキバさんとか。
ちょっとダジャレとスケベな性格からセクハラが目立つ(笑)


タカハシさん

1位:タカハシさん
〈ちょいワル度〉✩✩✩✩✩
タカハシさんの場合はかっこいいて意味ね♪
トオルとヨウイチとハルカの師匠。
ようするにトオルファミリーの師匠件親みたいな人。
ヨウイチやハルカの事もそうだがトオルの事も実の子供のように思っている。
戦闘能力も高く冷静な判断と頭脳プレイであのメデューサを破ったほど。
場数も違うようだ。
顔も男前で優しくみんなの理想の上司です。
最初は刑事としての腕はイマイチな設定だったのですが最終章に入ってからかっこよくしてしまった(´Д`;)
最初の設定はもう無しでいいや(笑)

以上です。
今後の展開として関わってくる人はタカハシさんと後藤ですね。
この二人はけっこうキーになると思います。
ほかの人はもう退場していますが茶々じいに関しては「ひまわりシティー」が終わった後に「ロード」最終章を描きたいなと思ってます(笑)

これ余談ですがゲゲゲの鬼太郎がまたアニメ化するよ~♪
あまり趣味的な話はしたことなかったのですが僕は鬼太郎が大好きで漫画も全部ありますしDVD(80Sのみ)も持ってます。
だから今回も楽しみなのですがファンとしては不安なこともあって。
猫娘が違いすぎて期待出来るような出来ないような・・・
猫娘が8等身くらいあってもう猫娘ではなくて猫嬢ですよ。
僕は原作のブスな猫娘が好きだったのでどうなるかなという不安はあります。
鬼太郎がかなりショタっぽくなっているのでおねショタ好きな僕にはもってこいもあるのですが。
4月からスタートらしいのでそれまでに鬼太郎特集の記事を3回くらいにわけてしたいなと思ってます。
やりたい事がたくさんあるのにプライベートの時間がなさすぎる~(´;ω;`)



残念男子ランキング

今回はたらこの見解で選んだ残念男子ランキングです。
残念男子とは普通にしているとイケているのにどこか抜けていたりゲスかったりと残念だな~と思う事です。


コメダ
5位:コメダ
〈残念度〉✩✩
ジロー君の悪友。
黙っていれば可愛い系男子なのですが女子にセクハラ発言する事が多くまったく人気がない。
トオルにはボーイフレンド(仮)で言いくるめられた。
今後の展開としてゲンゾウとの約束を果たすため頑張るぞ!!
そう言えば最初のころはエックスメンのサイクロップスみたいなバイザーをかけてました(笑)


タカシ
4位:タカシ
〈残念度〉✩✩✩
ジロー君の幼馴染。
ジロー君が困ったときは必ず助けてくれるいいやつ。
ジロー君がトオルにあげた髪飾りも彼がタダであげたもの。
ジロー君がアイミちゃんとのデート代に困ったときもまっさきにお金を貸してくれた。
それが本当の善なのかどうかは人の価値観によりますが(笑)
これだけいいやつなのですが自分しか愛せないナルシストで告白された女子は全て振っている。
後、出番が少ないので作者(たらこ)に出番増やせとよくぼやく。
でもひまわりシティーの第一登場人物は主人公でも何でもない彼なのです(笑)
トオルは2話からの登場ですからね。
今後の彼の活躍はジロー君を助けてくれるいいやつである事を願おう!!


たんちゃん
3位:タンちゃん
〈残念度〉✩✩✩
最近では素顔の登場の方が多いのですが最初の登場した時の姿で。
アンポンタンの中でもドジ役担当。
踊りの振り付けを間違えるなどドジが多い。
因みに下着はクマさんのトランクスを愛用。
今後の活躍・・・そんなものはない。


あんちゃん
2位:アンちゃん
〈残念度〉✩✩✩✩
いつも女の子に無理やりエッチしようとしたりちょっかいかけたりするところで正義のヒーローに痛めつけられる丁度いい悪役。
そして毎回、デスにいじられる人。
ルックスは良いので渡辺直美似の彼女がいたらしい。
因みに下着は女性用のランジェリーを愛用。
今後の活躍・・・そんなものはないよ。
彼に関してはシリアスも悲しいことも無縁なギャグ担当の癒しキャラ。


ジロー
1位:ジロー君
〈残念度〉✩✩✩✩✩
なんたってジロー君でしょ。
元々は木星帰りの貴公子ジュピターと言われるほどの王子キャラだったのですがそれがコンプレックスで髪型をワイルドにきめてます。
それでいてモテオーラーの持ち主でめっちゃモテます。
喧嘩も強いけど女の子の助けるセンスがタキシード仮面様的キモさだとダメ子さんに言われました(笑)
かっこいいつもりで描いたのにな~(笑)
彼の残念なところはたくさんあります。
①弟大好きブラコン。
②お尻大好き。
③お尻でいつも持っていかれる(惚れる)。
④すぐにポッキーする。
⑤候~。
⑥ラッキースケベが多い。
⑦むっつりスケベ。
⑧ピエロが嫌い。
でもいざという時はいつも決めてくれるよ♪
今後の活躍はもちろんヒロインを助ける事でしょうヽ(´▽`)/


これがたらこの個人的ランキングです。
いざ、残念男子を探すと少なくて後、ポンちゃんくらいしかいませんでした。
他の男性キャラはみんなおっさんしかいなかったという(笑)



プロフィール

たらこ

Author:たらこ
性別:男
誕生:1984年
好きな物:
漫画、アニメ、特撮、ロボ、プラモデル、ドリル、ファミコン、ドット絵、JK、メガネ女子、グラドル、胸よりお尻派。
好きなアニメ:
80s鬼太郎(第3期と第4期)、ロボアニメなど。あまり書くときりがない(笑)
好きな番組:
松本家の休日、笑点、ぐっさん家。

アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
最近の記事+コメント
カテゴリ
ひまわりシティーにようこそ!
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: